復興願ってスイーツ販売 盛岡駅フェザンで8日まで催し


 盛岡市の専門学校北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ(奈良憲光校長)は4日から5日間、盛岡駅ビルフェザン本館1階フェザンパティオで、チャリティー北日本スイーツフェア2017を開いている。学生が考案・製作した菓子やパンを販売し、売り上げは東日本大震災からの復興支援に寄付する。

 製菓衛生師科と高度製菓衛生師科1、2年生約260人が製作から販売まで手掛け、全国のコンテストで上位入賞したスイーツやケーキ、菓子パンなど日ごろ学ぶ技術を生かした28種類をそろえた。店頭では「いらっしゃいませ」と声を上げ、客に菓子の特長を聞かれると丁寧に答えた。

 午前10時〜午後5時。商品が売り切れ次第終了。

【写真=製作した菓子を販売する学生】

(2017/12/05)
[PR]

トップへ