本県2年連続で仏旅行博出展 商品や観光発信


 県と、民間国際交流団体岩手アルザス交流委員会(平野ユキ子会長)は12日までの3日間、フランス・コルマール市で開かれているコルマール国際旅行博2017に出展している。国内自治体の独自出展は2年連続で本県のみ。

 国内外約400企業・団体がブースを設け、県ブースには同委員会のほか▽わしの尾(八幡平市)▽泉金酒造(岩泉町)▽南部美人(二戸市)▽町田俊一漆芸研究所(盛岡市)▽安代漆工技術研究センター(八幡平市)−が参加、商品や観光情報を発信した。

 県によると、10日の初日はフランスと近隣国の住民ら約700人が訪れた。日本酒の試飲や漆器の展示・販売が好評で、来場者は漆器に金粉で模様を付ける作業を体験した。

【写真=本県で醸造された日本酒を試飲するコルマール国際旅行博の来場者(県提供)】

(2017/11/12)
[PR]

トップへ