気仙の3商工団体が連絡会 ILC誘致、復興探る


 大船渡商工会議所(斉藤俊明会頭)、陸前高田商工会(伊東孝会長)、住田町商工会(千田明夫会長)の3団体は9日、連携組織の気仙地区商工団体連絡会を設立した。

 設立会は大船渡市盛町の大船渡商工会議所で開き、3団体から11人が出席。会長に同商工会議所会頭、副会長に両商工会長を充てる要項を決めた。

 当面の事業として6月12日、同市盛町のリアスホールで国際リニアコライダー(ILC)誘致促進集会を開催。定期的な情報交換会や震災復興など地域課題の解決策を探り、行政への政策提言活動も予定する。

【写真=気仙地区商工団体連絡会を設立した斉藤俊明会頭(左4人目)ら】

(2017/05/10)
[PR]

トップへ