災害時の飲料水供給を協定 岩泉町とみちのくコカ・コーラ


 岩泉町は31日、みちのくコカ・コーラボトリング(矢巾町、谷村広和社長)と災害時における飲料の確保に関する協定を結んだ。昨夏の台風10号豪雨で、岩泉町は広域的に水源が被災し飲料水の確保が一時困難な状況だった。今後は避難所などでの飲料供給態勢が強化される。

 締結式は町役場で行われ、伊達勝身町長と成田健二執行役員営業本部副本部長が調印。同社は災害時、町からの要請を受けて宮古営業所を窓口に飲料水を調達・運搬する。

 伊達町長は「有事の際、町民が安心して良質な水を飲めるよう態勢構築を願う」とし、成田副本部長は「迅速にライフラインの水を提供することは地元企業の重要な役割。飲料を通して安心を届けたい」と述べた。

 同社は県、県警本部、各自治体と同様の協定を結んでおり県内では27件目。

【写真=調印を交わし協定書を掲げる伊達勝身町長(左)と成田健二執行役員営業本部副本部長】

(2017/09/01)
[PR]

トップへ