脳卒中の種類

脳卒中とは?脳卒中について、岩手医科大学 鳴海新介先生

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。

このページのTOPへ
 

日本における脳卒中の現状、脳卒中は要介護と身体障害の原因の第1位

脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死因の第3位となっています。

「寝たきりになる原因」の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。

脳卒中による入院患者の約6割が脳梗塞。脳梗塞は、何度も発作を繰り返すことのある病気です。
始めは軽症であっても、繰り返していくうちに、後遺症が重くなっていくことも多いでのす。

高齢者の激増や、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の増加により、脳卒中の患者は2020年には300万人を超すことが予想されています。

このページのTOPへ
 

脳卒中を予防する為の十か条

公益社団法人 日本脳卒中協会では、脳卒中を予防するための注意点を川柳調にまとめた十か条を作成しています。
この十か条をもとに、自分の体調や生活習慣を見直してみましょう!


出典:公益社団法人 日本脳卒中協会
このページのTOPへ
 

手始めに高血圧から治しましょう。

健康経営を始めましょう

従業員の健康を大切な経営資源とみる「健康経営」という考え方が注目されています。企業が従業員の健康管理を積極的に進めることで従業員の活力を生み出し、企業の活力向上に寄与すると期待されております。岩手日報社では、県民の健康増進には職場での健康管理も重要と考え、協会けんぽ岩手支部と共に「健康経営」をテーマに啓発記事やセミナーなどを随時展開していきます。

いわて健康経営宣言と宣言による効果

全国健康保険協会 岩手支部

Back to Top