ロゴSキャリタスS ロゴL キャリタスL
チェック

採用Q&A

Q1.筆記試験はどのくらいできれば合格ですか。

  採用試験では学業(成績)のほか、中学・高校・大学のクラブ活動やサークル、社会活動なども評価して加点します。筆記試験(「作文」「一般教養」)がすべてではありません。例年、受験者全体の3割程度が筆記試験を通過し、一次面接に進んでいます。筆記試験の結果が思わしくなかったとしても、相対的な評価ですから積極的に挑戦してください。

Q2.文章を書くのは得意ではありませんが、記者になれますか。

記者にとって文章力はある程度必要ですが、大切なのは文章力より取材力と言われています。文章力は入社後、訓練すれば向上します。学生時代の得手不得手より、文章力を磨こう、取材力を身に付けようとする向上心が記者の基本になると思います。

Q3.筆記試験はどんなことを勉強していればいいですか。

  まずは新聞はよく読み、社会への関心や興味、好奇心を広げてください。キャンパスの外へと目を向けてみましょう。そして新聞、岩手日報を好きになってください。一般教養の問題や作文の題は、幅広い分野から決めています。日ごろから問題意識を強くもって新聞を読むことが、新聞社に限らず社会人の「教養課程」です。同じニュースを取り上げた複数の新聞を読み比べるとより理解が深まります。岩手のことについても幅広く知り、学んでください。

Q4.スポーツばかりやっていました。筆記試験は自信ありませんが、難しいでしょうか。

  体育会系の社員は多数いますし、体育学部卒の記者もいます。大事なのは新聞人としての志、使命感、入社後の頑張りです。

Q5.どのような人材を求めていますか。選考で重視するのは何ですか。

  心身ともにたくましく、豊かな感性、さまざまな世代の人とコミュニケーションできる若者を求めています。選考で重視するのは独創性とバランス感覚、柔軟性と協調性、さまざまな事象に対する好奇心、責任感、前向きでタフな精神の持ち主かどうかです。

Q6.入社後の配属や異動は希望が反映されますか。

  採用試験の際、配属希望を聞き、適性を判断してから部署を決めています。入社後、希望の部署でなくても、仕事に対する姿勢が認められれば、何年後かに希望部署に移る可能性は十分あります。入社後は本社勤務が原則ですが、編集、広告事業局は何年後かに支社局に転勤することがあります。

Q7.文系・理系は採用時に関係ありますか。理系でも記者になれますか。浪人、留年、既卒は不利ですか。

  文系・理系、出身大学や学部は関係ありません。もちろん、理系でも記者になれますし、事実、近年は理系出身の記者が増える傾向にあります。入社後は「学歴・経歴」ではなく、人間性や仕事の中身で評価されます。採用段階で浪人、留年、既卒が不利になることもありません。2013年度も異業種からの転職者が正社員として入社しました。2014年度は異業種からの転職者2人と他紙で活躍した記者経験者3人が入社しました。

Q8.女性の採用状況はどうですか。結婚しても仕事を続けていますか。

  2017年入社は男性5人、女性3人です。例年は男女ほぼ半数になっています。報道の一線で活躍する女性は増えています。以前は新聞記者としての仕事と子育てを両立することが難しい状況でしたが、近年は結婚や出産を機に退職する社員はほとんどいません。育児や介護のサポート制度を年々拡充し、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の両立)や働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

 2012年には厚労省から子育てサポート企業の認定を受け「くるみんマーク」を取得しました。認定は県内8社目で、情報通信業では初めてです。学生時代はあまり考えることがないでしょうが、長い職業人生の中では育児や家族の介護に多くの時間と気持ちを費やさなければならない時期があります。仕事と両立できず退職することは本人にとっても会社にとっても大きな損失です。

 育児や介護の期間はサポート制度を活用し、再び仕事に全力で取り組めるようになったら全力で働いてもらうことが会社の願いです。その経験は新聞人としての幅を広げるチャンスです。職場の中でお互いに助けたり、助けられたりしながら職業人生を全うできる環境を整えていくことが責務と考えています。

 詳しくは厚労省の「両立支援のひろば」「ポジティブアクション情報ポータルサイト」をご参照ください。

Q9.高校や大学のOB、OGを訪問したいのですが、紹介してもらえますか。

  人事部にメールをいただければ可能な限り対応しています。

Q10.会社説明会に参加しないと不利ですか。

  本社での説明会は、3月から開催します。首都圏の学生の皆さんの交通費負担を軽減するため、東京でも単独説明会を開催しますので、ぜひ参加してください。本社での説明会は、各局の若手・中堅社員が説明役になって体験談を話し、質問に答えています。参加・不参加を合否の判断材料にはしていませんが、結果をみると説明会参加者が合格しているケースが増えています。

Q11.岩手県の出身でないと不利ですか。

  岩手県人、岩手県出身者でなければならないということはありませんが、「なぜ岩手日報社なのか」という理由は明確にしてください。志望理由がはっきりしてさえいれば、出身地はどこであろうと関係はありません。実際、2011、2012、2015、2017年入社組にも「岩手は初めて」という方がいます。岩手のため、地域のため、住民・読者のためにという「思い」「志」「使命感」さえあれば、どこの出身・在住者にもチャンスがあります。

Q12.採用試験で英語の力はどのくらい重視されますか。

  ある程度の英語力はあったほうが望ましいです。筆記試験の一般教養には英語の問題もあります。近年の入社組のなかには留学経験者のほか、TOEIC・TOEFLの高得点者もいます。

Web岩手日報へ


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。
岩手日報社
Copyright(c)2017, IWATE NIPPO CO.,LTD.