WWW http://www.iwate-np.co.jp

高浜災害住宅を住民に引き渡し 宮古市内初の新築完成



 宮古市が整備した高浜災害住宅(12戸)の引き渡し式は30日、同市高浜1丁目の現地で行われた。市内で新築の災害公営住宅の完成は初めて。1日からは県整備分と合わせた市内の全住宅752戸の入居者募集を始める。

 引き渡し式では山本正徳市長が入居者代表の女性(77)に鍵の模型を手渡し、入居者は間取りを確認した。

 同住宅は木造2階建て2棟で、間取りは2DK6戸、3DK6戸。自力再建や居住意向の変化により現時点の入居決定は5世帯にとどまる。

 入居者の募集は、県整備分が7団地203戸、市整備分が20団地549戸。募集は5月30日まで行い、希望者が多数の団地は抽選を行う。

【写真=高浜災害住宅前で入居者に鍵の模型を手渡す山本正徳市長(左から2人目)】

(2014.5.1)


トップへ