WWW http://www.iwate-np.co.jp

盛−陸前高田9分短縮へ 大船渡線BRT専用道延長



 震災で被災したJR大船渡線の仮復旧のため盛(大船渡市)−気仙沼(気仙沼市)間で導入されたバス高速輸送システム(BRT)は28日、バス専用道を10・5キロ延長する。盛−小友(陸前高田市)計13・2キロが1本の道で結ばれ、所要時間は盛−陸前高田間で9分短縮。一般道の渋滞に巻き込まれないことで定時性も確保でき、利便性向上が期待される。

 延長されるのは、大船渡−小友付近の10キロと、竹駒駅(同市)周辺の0・5キロ。大船渡線の線路だった場所だ。

 一般道との交差点は9カ所増え、うち3カ所に信号機を設置し一般道側を遮断する。大船渡市末崎町には住民要望で実現した新駅「碁石海岸口」も設置。28日は同駅で歓迎セレモニーを予定する。

 大船渡線のBRT専用道は3月、大船渡−田茂山踏切間の1・9キロで開始。4月26日に1・3キロ延長されていた。今回の延伸で専用道は3割強となり、JRは最終的に4割を専用道化する意向だ。

(2013.9.20)


トップへ