WWW http://www.iwate-np.co.jp

あす11日で震災2年半 29万人なお避難生活



 東日本大震災の発生から11日で2年半を迎える。今なお約29万人が避難生活を送るほか、津波で壊滅的な被害を受けた沿岸部では行方不明者の捜索が続く。復興の遅れによる仮設住宅暮らしの長期化も懸念される。

 警察庁によると、震災の人的被害は8月末現在で死者1万5883人、行方不明者は2656人。避難生活による体調悪化や自殺などを原因とした「震災関連死」は2688人(3月末現在)に上る。

 復興庁によると、避難者は減少傾向にあるが、現在も全国47都道府県に分散。被災者が仮設住宅などから移る災害公営住宅の建設も、用地取得の難航で進んでいない。岩手、宮城、福島3県で計約2万7600戸の建設を計画しているが、完成したのは計295戸(6月末現在)にとどまる。

(2013.9.10)


トップへ