WWW http://www.iwate-np.co.jp

平成三陸大津波 記者の証言

 

 

 史上例を見ないほどの甚大な被害をもたらした東日本大震災。マグニチュード(M)9・0の巨大地震によって発生した大津波は太平洋沿岸を襲い、人々の生活は3月11日を境に一変した。本県沿岸の6支局に常駐していた本紙記者たちは住民と同様、被災したり、高台に避難しながら大津波の瞬間を目撃した。生命の危険に直面しながら撮影した津波の連続写真を通じて「あの日」を証言、後世への記録とする。

(1)防潮堤越えた黒い波  宮古市役所5階で取材 ─ 熊谷 真也 ─ 2011年4月26日
(2)街なめ尽くした濁流  陸前高田・泉増寺から撮影 ─ 鈴木 多聞 ─ 2011年4月27日
(3)市街地包み込む土煙  釜石・浜町の高台から撮影 ─ 山崎 真紀 ─ 2011年4月28日
(4)一気に漁港のみ込む  洋野町役場付近の高台から撮影 ─ 佐藤  光 ─ 2011年4月29日
(5)黒い水の塊一直線に  田野畑村明戸の高台で撮影 ─ 長内 亮介 ─ 2011年4月30日
(6)南北から港襲う白波  久慈・湊町の金刀比羅神社で撮影 ─ 三浦 隆博 ─ 2011年5月1日
(7)押し波引き波、延々と  大船渡・マイヤ本店屋上から撮影 ─ 鹿糠 敏和 ─ 2011年5月2日

 
トップへ