WWW http://www.iwate-np.co.jp

被災地支援、心新たに 遠野まごころネットが移転


 

 被災地支援に取り組むNPO法人遠野まごころネットは4日、事務所・宿舎を遠野市松崎町の総合福祉センターから同市大工町の市浄化センター敷地内に移した。支援活動の長期化を見据えたもので、役員再編も行った。プレハブからの再スタートだが、メンバーは「今後も長く被災地の再建を支え続けていく」と決意する。

 同日は初めて新事務所前で出発式と朝礼を行った。荒川栄悦顧問は「今日が新たなスタート。冬を迎え、より一層住民の様子や活動中の事故に気を付けて頑張ってほしい」とあいさつ。全国からのボランティア約160人が大槌町や陸前高田市に出発した。

 新事務所は床面積約50平方メートル、宿舎は約200平方メートルの平屋プレハブで、コマツハウス(本社東京都)から無償貸与を受けた。

 宿舎には男女各40人程度が宿泊できる。浄化センター敷地内には宿泊施設一体型の遠野災害ボランティア支援センター、かながわ東日本大震災ボランティアステーション遠野センターが隣接し、連携も図る。

 同法人はボランティアを募集している。問い合わせは同法人事務局(0198・62・1001、受付時間は午前8時〜午後6時半、月曜定休)へ。

【写真=遠野市浄化センター敷地内の新事務所前で朝礼を行うボランティアたち。長期的な被災地支援に向けて、新体制で再スタートを切った】

(2011.12.5)


トップへ