WWW http://www.iwate-np.co.jp

神奈川県が遠野に支援拠点 ボランティア宿泊施設


 

 神奈川県はボランティアの滞在拠点となる「かながわ東日本大震災ボランティアステーション遠野センター」(愛称・かながわ金太郎ハウス)を遠野市大工町の遠野浄化センターに整備し、24日に開所式を行った。同県ボランティアの宿泊場所を確保し、現地活動を強力に後押しする。

 金太郎ハウスは同県からマイクロバスで到着するボランティアの宿泊場所となるほか、活動のコーディネートや現地情報の収集発信拠点とするために整備した。

 2階建てのプレハブで延べ床面積は208平方メートル。男女別の広間が3室あり、トイレ、シャワー、洗面所、事務室などを備える。最大40人が無料で宿泊できる。神奈川県と遠野市が運営スタッフ6人を配置し、うち管理人2人が常駐する。

 打ち合わせで使用する別棟の平屋プレハブ(延べ床面積104平方メートル)は小松製作所(本社東京都)、電源に使用するソーラーパネルは東芝(同)から提供を受けた。

 同ハウスの設置予定期間は、2013年3月31日まで。

【写真=ボランティアの滞在拠点となる、かながわ東日本大震災ボランティアステーション遠野センター】

(2011.7.25)


トップへ