WWW http://www.iwate-np.co.jp

新集落への質問相次ぐ 田野畑で復興計画説明会


 

 田野畑村の復興計画案地域説明会が24日、同村和野のアズビィ楽習センターで開かれた。住宅再建の候補地など土地利用の基本方向性が示され、集団移転の在り方や土地取得費用など新集落形成に関する質問、意見が多く出た。

 津波被害が大きかった羅賀、島越の2地区の被災住民約150人が参加。上机莞治村長は「これから本格的な復興に向けて進んでいかなければならない。いろいろな角度から計画を詰めて決定したい」とあいさつし、村側が復興計画案を説明した。

 住民からは「集落を形成する時、何軒以上がいいのか」「いくつかの住宅再建候補地に分散してもいいのか」「宅地はどのぐらいの値段で供給してもらえるのか」などの質問が出た。

 同村和野の女性(69)は「村の説明は分かった。みんながどういう考え方なのか、自治会でもっと話し合っていきたい」と話した。

 村は今後、居住地に関する懇談会や意向調査を行い、復興計画に反映させる。

(2011.7.25)


トップへ