WWW http://www.iwate-np.co.jp

津川・岩手現地本部が本県視察 早期道路整備の意向


 

 政府の東日本大震災復興対策本部の津川祥吾・岩手現地対策本部長=国土交通政務官、衆院静岡2区=は2日、宮古市を皮切りに被災地の視察を始めた。4日間の日程で首長らとも意見交換する。

 同市田老地区では仮設住宅群があるグリーンピア三陸みやこで山本正徳市長と現状の課題などを協議した。

 津川本部長は、政府が「復興道路」として10年後をめどに全線整備方針を示した三陸縦貫自動車道について「着工に向け作業を大至急進めたい。この道路をまちづくりの出発点としてしっかり造る」と整備を急ぐ意向を表明。ルートやインターチェンジの場所など地元の意見を基に検討する考えも示した。

 田老地区の視察では高さ10メートルの防潮堤の上で海に向かって黙とうをささげた。その後、防潮堤が整備された経緯や漁業の被害状況などの説明を受けた。

 津川本部長は3日に釜石市を視察。4日は陸前高田市と大船渡市、最終日の5日は久慈市を訪問する予定。

(2011.7.3)


トップへ