WWW http://www.iwate-np.co.jp
チェック


これからも読み継ぎたい絵本 〜震災を越えて〜

東日本大震災を機に「命の尊さを伝えつづけたい」と生まれた物語や、心温まるストーリーが再評価された本など、これからも子どもと一緒に読み継いでいきたい絵本10冊を「3.11絵本プロジェクトいわて」の皆さんに紹介してもらいました。


 わすれられないおくりもの

出版   評論社
作・絵   スーザン・バーレイ
訳     小川 仁央

年老いたアナグマは物知りで、仲間から信頼されていました。彼が亡くなり仲間は悲しみに暮れます。
それぞれが彼と過ごした大切な時間を思い出します。
仲間は、思い出を語り合い悲しみを乗り越えていくのです。


 はなちゃんの はやあるき はやあるき

出版   岩崎書店
作    宇部 京子
絵    菅野 博子

野田村保育所では、毎月津波を想定した避難訓練をしていました。のんびりやのはなちゃんは、先生の一言から毎日すっすさっさとはやあるきの練習を始めました。
そしてあの大震災。
はなちゃんは、みんなと必死のはやあるきで生き延びることができたのです。


 はらぺこあおむし

出版   偕成社
作    エリック=カール
訳    もり ひさし

私は、いわゆる「虫」が苦手だ。
だが、このあおむしだけは、特別なのである。
赤ちゃんから、じじばばまで愛され読み続けられている訳は、彼が一生懸命生きているから。
生まれて、食べて、大人になる。
あおむしも私たちも成長する。


 とべバッタ

出版  偕成社
作    田島 征三

バッタはおそろしいものたちからびくびくして身を隠して住んでいました。
でもある日、バッタは決意するのです。自分の行きたい方へ、自分の力で飛ぶことを。
力強い絵が魅力の男の子たちの大好きな絵本です。


 あさになったのでまどをあけますよ

出版  偕成社
作    荒井 良二

いちにちのはじまり、朝です。
窓をあけると、いつもの山が、街並みが、
空がそして海が広がります。
声に出して読んでみてください。
繰り返しの言葉が絵と響き合って、
体の内側から力が湧いてくるような気がします。
震災を機に描かれた、美しく力強い絵本です。


 こんとあき

出版   福音館書店
作     林 明子

小さな女の子あきとぬいぐるみのこんは、
電車に乗っておばあさんの家へ。
途中思いがけないハプニングがありますが、
「だいじょうぶだいじょうぶ」というこんの言葉とともに小さな旅は続きます。
ほんわかと心が温かくなる絵と物語です。


 でんでんむしのかなしみ

出版  大日本図書
作    新美 南吉
絵    かみや しん

自分だけがどうして悲しみをいっぱい抱えているのだろうと、どうしようもない気持ちになることがあります。
みんなそれぞれ悲しみを背負って生きている−
それに気づくことができたら一つ強くなって生きていけると教えてくれるお話です。


 すばらしい季節

出版   すえもりブックス
作    タシャ・チューダー
訳    末盛 千枝子

サリーは、農場で暮らす女の子です。
季節の移り変わりを全身(目と鼻と耳と口と手)で確かめ楽しんでいます。
それは花の香りだったり、鳥のさえずりだったり。
こんな素晴らしいことはたくさんあり、あなたが気づいてくれるのを待っています。


 「アンジュール」ある犬の物語

出版   BL出版
作     ガブリエル・バンサン

ある日ぼくは捨てられた、車から突然に。
必死に追いかけた。ぬくもりを取り戻そうと。
ひとりぼっちになってしまった。
あてどなくさまよう道、野原、なぎさ。
そして見知らぬ子と出会った。
さびしい互いの心に光が輝くように…。


 せいめいのれきし 改訂版

出版    岩波書店
文・絵   バージニア・リー・バートン
訳      いしい ももこ

この物語は舞台上に宇宙があり、生命がいきいきと躍動します。
改訂版は、現在の知見にあわせたものになっていて、
ページをめくるごとに興奮します。ぜひ新旧見比べて、人間のたゆまぬ好奇心を楽しんでください。
さあ、ページをめくった後はあなたが主人公です。

さらにおすすめとして、「100万回生きたねこ」「からすたろう」「うずらちゃんのかくれんぼ」「フレデリック」「からすのパンやさん」の5冊を挙げていただきました。

3.11絵本プロジェクトいわて

東日本大震災を受けて、八幡平市在住の児童図書編集者・末盛千枝子さん(元すえもりブックス代表、彫刻家・舟越保武の長女)を代表に被災地の子どもたちに絵本を届けようと発足。被災地の読み聞かせグループに絵本を楽しむためのちょっと違うノウハウを伝えるなど絵本に関連したさまざまな活動を行い子どもたちを勇気づけています。

HP http://www.ehonproject.org/iwate/index.html

プロジェクトの活動を紹介した本
 「一冊の本をあなたに」(歌代幸子)


岩手日報社 東日本大震災関連の出版物


トップへ